4-7 日銀と国債

日銀の「国債引き受け」
新たに発行される「新規国債」を、日銀が国から「直接」買うこと。
禁止
日銀が資金供給を行なうため、国債を買う場合
いったん発行されたものを、銀行から買わなければならない。
「債券市場」で買われること(消化)が規則
「国債市中消化の原則」という。
→日銀が政府のためにどんどん紙幣を印刷してしまい
財政規律が守られなくなるため。
ハイパーインフレ、キャピタルフライト(資本逃避)の恐れもある。
国債が売れなくなって金利上昇。
景気が悪いのに金利が上がる「悪い金利上昇」。
日銀が発行した紙幣は「価値のあるもの」と
引き換える義務がある。
「国債、地方債」など信頼度の高い資産。
「物価の安定」のためお金をやたらにすらないこと。
戦時中、政府は軍事費調達のため国債を大量発行して
日銀に直接買わせていた。
戦後1945~49 ハイパーインフレ
モノの値段が100倍になった。
・例外
日銀が保有中の国債の満期が来た金額の範囲内ならOK。
「日銀乗換」
日銀の長期国債の残高 58兆円
市場に資金を供給するために、国債を買い続けているため。

「銀行券ルール」
「お札の発行高(77兆円)」より「国債の残高」を小さくしておく。
※「資産買入等の基金」(ETF上場投資信託やREIT)で買う
長期国債は銀行券ルールの例外扱い。→問題含み。
「政府紙幣」という議論もある。
政府独自のお金を発行して、紙幣を増やし、通貨の価値を下落させて
物価の価値を上げてインフレにして、デフレを抑える。
財政規律が守られなく恐れも。
--------------------------------------------------
(ひとこと)
政府紙幣はやめた方がいいと思う。。
政治家の欲望が破裂して
たぶんめちゃくちゃになる気がする。