6-2 米:最大の個人消費国


GDPの7割が「個人消費」
cf.日、独6割弱
「消費主導型の経済」
貿易収支 →慢性的な赤字
輸入額(大)>輸出額(小)
輸入額が多いのは、この「個人の大量消費」が理由。
人口は増加しているので、個人消費の額も増えるのは普通だが
度を越している。
92~貯蓄率低下。クレジットカードによる「借金体質」過剰消費。
株や住宅売買で得たキャピタルゲインを
消費に回してきた。→金融危機以降は低下。
「ブッシュ減税」→オバマ政権でも2年延長
所得税を減らす。
09オバマ 公共事業を柱の一つ 大型経済対策
道路、鉄道、滑走路、インフラ整備
財政赤字は膨張し続ける
10 104兆円
「双子の赤字」が再び大きく。
「輸出倍増計画」
→・「貿易収支を改善したい。」
 ・「経済政策の手詰まり」
これ以上財政赤字を出せない。
・長期金利が上昇してしまうリスク。
・米国債(AAA)が引き下げられるリスク。
(→11年8月(AA+)ダブルAプラスに下がった。)
金利政策は、0%なので、もうできない。
★米・経済状況・需要項目別
①個人消費と住宅投資→回復期待できず
②設備投資「需給ギャップが大きい」
企業の生産設備(大)>需要(小)
③公共投資
オバマ政権が上積みしているが、大幅な増額は財政収支を悪化させるので
期待できない。
④輸出
唯一残された手段。
ドル相場下落→輸出に有利なため、米政府は事実上ドル安容認

「強いドル」政策
→「ドル高は米国の利益になる」
※矛盾を抱える
・輸出には「ドル安」がいい。
・米国債の安定消化のため「ドル高」がいい。

「貿易赤字」による「ドル流出」を
「米国債の大量販売」による「ドル流入」で埋めている。

--------------------------------------------------—-
(ひとこと)
米が、輸出拡大を狙っているなんて知らなかったなあ。
そのためにドル安を静観していることも。