3 企業のマル

※「企業のマル」の記事を読むときは4つの側面
①資金調達、②設備投資、③売上、納税 ④配当、
どのプロセスかに注目。
・企業の欲望
「儲け続けること」
・重要人物
主役:トヨタ(車)
準主役:ソニー、パナソニック(電気)
GM(ゼネラルモーターズ)、フォード(米車)
マイクロソフト、サムスン電子、IBM(ITハイテク)
・日本の基幹産業(波及効果の高い産業)
自動車、電気、通信
(+金融もチェック
→「景気の鏡」と言われ景気を映しだす)
自動車産業は労働人口の1割
輸出の25%
「株式時価総額」=「発行済み株式数」×「株式時価」
この額が大きいと、影響も大きい。
・企業のプロセス
①お金を集める(資金調達)
②ヒトを雇い、工場を建てたり商品を作る。(投資・運用)
③営業、広告で売上を上げ、利益を出す。税金を払う。
④株主に配当を払う。残りを貯めて①に戻る。
①資金調達
・株式発行(直接)→返さなくていい(自己資本)
・社債発行(直接)、銀行から借入(間接)→返す必要がある(負債)
「上場」・・ある企業の株式が証券取引所において、不特定多数の投資家に
売買される状態になること
直接金融・・市場からお金を借りる
間接金融・・銀行からお金を借りる
大企業は普段は社債発行の方が、銀行から借りるより金利が安いから
そうしているが、金融不安になると機関投資家は貸してくれなくなるので
銀行から借りることにシフトする。
→銀行も貸し出す金額が決まっているのでしわ寄せが
中小へ
銀行に預金している人も広い意味で「投資家」と言える。
②設備投資
サービスを提供する準備をする。
・工場建設など(設備投資)
・雇用(人的投資)
③売上
宣伝・営業して、実際にサービスを提供
私たち個人が接するのは、ほぼここだけ。
④利益分配
株主に配当を出す
「配当性向(はいとうせいこう)」
「当期純利益」の何%を配当に回すか。
日本は低かったが、今は30%ほど。欧米の40%に近付いている。
配当金には所得税と住民税がかかるので
減配になると、国の税収も減る。
①~④を仕切るリーダー決め
株主が取締役を決める。
選ばれた取締役がメンバーの中から代表(社長)を決める。
最近は株主の目も厳しくなって
経営手腕を問われる。
(引用:日経新聞読みこなし隊/渋井真帆