6-3 EU:巨大経済圏

欧州連合 EU
加盟国 27カ国
イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、フィンランド、スウェーデン、デンマーク、ポーランド、オーストリア、オランダ、ベルギー、キプロス、チェコ、ギリシャ、ブルガリア、ハンガリー、アイルランド、エストニア、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ルクセンブルク、マルタ、スロバキア、スロベニア
人口5億人。GDPで米国を上回る。
第二次世界大戦のような悲惨な戦争を2度と繰り返さないように、政治、経済的に統合を目的に設立された国家連合。
世界経済のリーダーが米に移る前は、欧がリーダーだった。
パワー復活目的で、経済分野先行。
ECB(European Central Bank)欧州中央銀行
トリシェ総裁
(仏)11年10月31日まで
ユーロ 17カ国
99年導入。02年現金流通スタート
独、仏、英でEUのGDPの50%。
☆経済1位 ドイツ
輸出依存度 高い
GDPの40% (日15% 米12%)
インフレ、財政規律のゆるみ、弱い通貨、を嫌う。
→ハイパーインフレで苦しんだ経験から
インフレ予防のため利上げを行なう傾向が強い「タカ派」
ウェーバー独連邦銀行総裁、シュタルクECB理事
☆経済2位 フランス
個人消費を中心に内需が底堅い
少子化対策に成功、人口増。
所得減税、託児施設のインフラ充実。4人に1人が公務員。
世界一の観光大国。
8000万人/年 (日1000万人/年)
☆経済3位 イギリス
浮き沈みが激しい。第二次世界大戦で戦勝国
→独との戦いで疲弊して世界帝国の座から落ちる。
79年サッチャー首相
政府が経済へ介入を減らす「構造改革」に成功。
北海油田で石油輸出で経済復活。
外資流入を積極的。金融業発展。
「シティ(ロンドン金融市場)」は、ウォール街と並ぶ世界の金融センターに。
「ウィンブルドン現象」
外資系企業の活躍で経済発展すること
08年金融危機では金融立国路線に打撃。
キャメロン政権が財政赤字問題に取り組んでいる
★EUの問題点。
財政政策は国に任せる。(国債発行による資金調達)
義務:「単年度、財政赤字、GDP比3%以内」(罰則なし)
金利はEUが決める。
→・住宅バブルが起こりやすくなる。
 ・独自通貨政策を行なえない。
通常ならIMFに要請。ギリシャはEUに頼むしかない。
IMF(International Monetary Fund 国際通貨基金)
通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関。
主な業務は、加盟国の出資金を原資として国際収支が悪化した国に
融資を行う
こと。
------------------------------------
(ひとこと)
EUが戦後の平和を目的にして作られたとは知らなかった。
経済的な意味だとばかり思っていた。
IMFも名前だけはよく聞くが、やっと
何をやっているところか分かった。