4-3 官僚主導から政治主導へ

「財政政策」を決めるのは内閣
「内閣」・・「内閣総理大臣」と「国務大臣」の組織。
国の行政を担当する最高機関。
「閣僚」・・内閣を構成する各大臣のこと
「行政」(1府12省庁)
内閣府、総務省、法務省、外務省、財務省、文部科学省、
厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、
環境省、防衛省、国家公安委員会(警察庁)
「予算」を決める。
4月~翌3月の歳出、歳入の見積もり。
・国会審議の遅れて間に合わないとき→「暫定予算」
・年度の途中で災害や経済対策などで修正する→「補正予算」
「予算編成」
予算作成~国会に提出するまでの流れ
内閣が予算編成方針打ち出す
→内閣が「予算案」を作る
→国会で予算案審議。可決成立。
→各省庁で予算執行(実際に行なう)
民主党が予算編成を変えた。
★自民党政権時代(~01)
「官僚主導」
官僚(国家公務員。特別・一般→Ⅰ種キャリア。Ⅱ、Ⅲ種ノンキャリア。)
各省庁や財務省が力を持つ。
7月 翌年度予算の枠組みと、大枠の数値基準(概算要求基準)を
閣議(内閣のメンバーで行なわれる会議)で決定。
8月 各省庁が「この事業にこれだけ予算がほしい」と
予算要求(概算要求)を、財務省に提出。
財務省の「主計局」で内容を精査。
12月 内閣が「予算編成の基本方針」を閣議決定。
財務省は予算の原案(「財務省原案」)を閣議に提出。
各省庁にも内示。
財務省と各省庁で交渉。財務省が認めなかった分を復活。
「復活折衝(せっしょう)」
最終的に年末に「政府予算案」になる。
翌年1月 内閣が国会に「政府予算案」を提出し
衆議院、参議院で審議。
3月 国会で予算成立。
★小泉政権(01~06)
予算編成は、官僚主導から「政治主導」
予算編成方針(骨太(ほねぶと)の方針)
「経済財政諮問(しもん)会議」
首相、閣僚(大臣)、学者、大企業の経営者など
各省庁がバラバラに立案すると
ムダや重複が生じる
「縦割り二重行政」
をなくす動きへ。
☆変わった点
「予算編成方針」の決定を12月から6月へ。
政府の方針を先に決めて、反映させた予算を各省庁に作らせる。
★民主党(09~)
鳩山政権「政権公約(マニフェスト)」を反映させた概算要求に
作りなおさせた。
内閣府「行政刷新会議」を新設
首相、議員、民間人
「事業仕分け」→各省庁の予算のムダを洗い出す
・小泉政権→財政支出抑える「小さな政府」
・民主党→ 財政支出を増やす「大きな政府」
「子供手当」「高速道路無料化」「高校授業料の無償化」
予算のムダの削減でまかなえると主張。
しかし想定していたほどでなく
財源確保の効果があまり出ず。
景気悪化で税収も不足。
歳出90兆円
国債発行額44兆円
過去最高。
今後も国債で埋めるしかないのは明らか。