7-6 政府・日銀・銀行の「泥船論」

日本の銀行が保有する国債は右肩上がり
95年 30兆→10年 142兆円(15年で約5倍)
Q:「日本の財政が危ないと言われているのに
  銀行はなぜ国債を買い続けるのか?」
A:預金で銀行に集まるお金は「円建て」
→銀行の負債は「円」
→銀行は日本政府、日本銀行と運命共同体「泥船」
将来の日本経済はどちらか
政府が財政健全化に失敗
→悪い金利上昇
→国債価値下落
消費税率大幅に引き上げ
→国の活力が大きく失われる
→銀行貸し出しが減少、経済停滞、
→資産が劣化、不良債権が増える
銀行は泥船と分かっていても他の船に乗り換えることは
しない。=ドル建てにすると価格変動リスクを負う
個人は「泥船が危ない」と思えば
他の船に乗り換えられる。
↑これが大規模に発生することを
キャピタルフライト(資本逃避)」という。
もし資本逃避が起こったら
債券市場は危機。銀行の円建て預金急減。
銀行は、国債を買う(国にお金を貸す)どころか、
貸出に回す資金確保できず、国債を大量に売る必要
(国にお金を返してもらう)に迫られる。
日本国債、日本銀行券に対して国民の信頼感(信認)が
失われると、日本経済は大きな危機に陥る。