6-4 中国:世界2位の経済大国

人口13億人。(世界1位)
10年 GDP日本を抜いて世界2位に。
現在 胡 錦濤(こ きんとう)国家主席。
温 家宝(おん かほう)
→2013年 次リーダー 習 近平(しゅうきんぺい)
90 鄧 小平(とう しょうへい)「改革開放路線」
→共産党「計画経済」。一部「市場経済」を導入。
高度成長を成功させた。
OECD(経済協力開発機構)
経済成長、貿易自由化、途上国支援の3つを目的とした活動。
「先進国クラブ」中国は加盟していない。
経済成長率10%
7~8%を下回ると失業者増
政府は「財政政策」と「金融政策」をうまくかじ取りして
高成長を維持せざるを得ない。
08金融危機後、6%→48兆円の融資促進。10%に回復。
「投資主導の経済」
→民間住宅投資、企業設備投資、政府公共投資などの
「総資本形成」の数字が大きい。
★日中「政冷経熱」
政治で問題→経済に悪影響。
・尖閣諸島、日本海上保安庁の巡視船と中国漁船が衝突。
・中国政府、日本向けレアアース輸出停止
★米中「人民元」
米は対中貿易赤字を問題視。
→為替介入で、自国通貨「人民元」を割安な水準に抑え
輸出を有利にしている。 

米の「人民元切り上げ」の要求、中国受け入れず。
→日本の80年代~の円高不況を教訓にしている。
「米は一晩で治る薬を要求しているが、漢方で充分時間をかけて
効果がでるようにする」→段階的な切り上げを希望。
中国人民銀行(中国の中央銀行)
周小川(しゅうしょうせん)総裁
短期的に成長。中長期的には不透明。
79年~「一人っ子政策」
人口構成がいびつに。