3-5 金利オプション取引

金利を対象とする金利オプション取引
「あらかじめ特定の価格で売買する権利」を取引するのがオプション取引。身近な金利オプションはキャップとフロア。
「デリバティブズ(金融派生商品)」
先物取引、オプション取引、スワップ取引など
オプション・・選択する権利
ある商品をあらかじめ決められた価格で決められた期日に売買する権利
コールオプション 期間内に買う権利
プットオプション 期間内に売る権利
オプションを買って、権利行使すればメリットがあるときは権利行使する。
メリットがなければ放置。オプション代はムダになり、損になる。
例:138円で債券先物を買えるコールオプション 代金は50銭
権利行使期日は139円。
オプションを行使して138円で買い、139円で売る。
オプション代50銭を差し引いて、50銭の利益が出る。
有利な新規ポジを決済の日に価格をみて
建てられるということかな。
そのほかのオプション取引
①キャップ
金利上昇にふた。
変動金利でも一定以上には上がらない。
住宅ローンなど。ローンの借り手はキャップを買って
そのコストも払っている。
②フロア
金利が一定より下がらないように。
個人向け国債など。0.05%未満に下がらない商品。