5-3 クレジットバブル崩壊

★バブルとは
過剰なまでに溢れている投資マネーが株式市場などに流入して、
資産を買いあさり価格が上昇すること。→必ず崩壊
1990日:バブル崩壊 → 日本国内のみ
2007米:住宅バブル崩壊 → 世界的金融危機
★2つの違いは?
日:不良債権の損失は、日本国内の銀行のみ
米:損失の当事者が米国の銀行だけではなかった
クレジット商品とは
証券化商品、株式、社債など、損失リスク(=信用リスク)
をともなう金融商品

★金融危機ドミノ倒し
信用力の低い人向けの住宅ローン(サブプライムローン)
   ↓
この住宅ローンを担保に「証券化商品(ハイテクな金融商品)」
が作られ、世界中の金融機関が大量に購入。
   ↓
住宅バブル崩壊
   ↓
クレジット(信用)バブル崩壊 「証券化商品」の買い手がいなくなり暴落
   ↓
大手金融機関損失拡大。株価下落・経営破綻。
大手証券会社リーマンブラザーズ経営破綻
   ↓
世界中で株価下落。
市場の動きは「人間心理」「不安」が根底にある。