4-7 為替予約でリスクヘッジ

輸出企業
為替相場の変動リスクヘッジとして
「為替予約(先物為替予約)」をする。
3ヶ月後、6ヶ月後などにあらかじめ
決められた為替レートで外貨の売買を行なう。
通常の為替レート「直物(じかもの)レート」(スポットレート)
為替予約のレート「先物レート(フォワードレート)」
予約しない方がよかったという場合もあるが、利用するのは
事業計画が立てやすくなったり、資金繰りを安定させる方が
重要と考えるから。