4-6 中国はいずれ変動相場に

中国
1ドル=8元の固定相場制だった。
ドルと自国通貨をリンクさせ為替レートを固定する
→「ドルペッグ制」
05年 「管理変動相場制」に移行。
変動幅を一定に抑える。0.3%。
「通貨バスケット」
ドル、ユーロなど複数の主要通貨で構成するバスケット(かご)から
算出したレートに自国通貨を連動させるシステム
米が切り上げを要求。
貿易赤字の6割が対中国。
かつての日本のように中国が米に中国製品を輸出している。
外貨準備は世界1位。
ある程度の経済力がつくと変動に変えるよう世界各国から
促される。いずれ変動になる。
保有している外貨は人民元に換算すると将来的に
大幅に目減りするリスク。このまま増やし続けるわけにも
いかない。