3-8 金融政策の提案

日銀の仕事
①「銀行券」の発行
②通貨の調節、金融システムの安定化
③物価の安定
この3つをしっかり行なうことが日本経済を良くする
金融政策につながる。
①銀行券の発行
原価数十円の紙を、一万円として扱う。
日銀への信頼感。
BSは10日ごとに公表される「営業毎旬報告」
・負債・・発行銀行券 800兆円(お札・無利子の借金。)
・資産・・国債 750兆円(国の借金)
健全な財務とは
=「負債を支えている資産の中身が優良であること」
国債は信用度が高いので財務の健全性を保っている。
しかし2010年10月「包括緩和」政策決定。
リスクの高いETF、REITなどを取り入れはじめる。
「財務の健全性に不安。あまり良くない」
②金融システム安定化
取引相手の信用リスク
(貸したお金が返済されなくなる可能性。
カウンターパーティーリスクという)
の警戒。
金利上昇、企業に資金がいかなくなり
経済に悪影響
「01年から5年間行なった量的緩和政策は
景気刺激効果は乏しかったものの
金融安定には効果があったといえる。」
③物価の安定
物価の安定=物価の先行きが予想しやすい状態
インフレ、デフレ、先行き不透明だと
企業も家計も経済活動が行ないにくい
若干プラスの物価上昇率を目指すのがよい。
「現在インフレ目標を導入していないのは欧米もそうなので
日本も代わりに「中長期物価安定の理解」の導入しているのは
妥当と思われる。」
★慢性的なデフレは人口減少と過剰供給。
現在金融機関が実際に必要としている金額を
はるかに超える資金(20兆円)を、金融市場に供給している。
しかしこの金融政策が原因でデフレになっている
わけでない。
生産年齢人口が95年ピークで減少
(労働力の中核となる15~64歳)
過小需要、過剰供給。
根本的な構造問題なので
デフレは、金融政策で解決しない。
日銀はインフレを目指して強引な政策を取ると
日本という国の重要な財産である「日本銀行券(お札)の信用」に
傷がつく恐れがある。
日銀は経済に大きな力を持つ。
政治家や経済評論家の政策提言のプレッシャーに
負けず、「孤高の存在」として
真の役割を果たすことが重要。

3-7 インフレ目標

インフレーション・ターゲティング(インフレ目標)
日銀が物価上昇率(インフレ率)の数値目標をあげる。
将来物価が上がるという「インフレ期待」を抱かせる。
日銀が銀行から国債など買入で、金融市場への資金供給量を増やす。
→人為的に物価上昇と賛成派は主張。
デフレ脱却できないのは日銀の金融緩和が不足とも。
例.インフレ目標 前年比2~3%
物価上昇が3%を超えそうなら金融引き締め、
2%を下回るなら金融緩和を行なう。
90年NZを皮切りに、世界20カ国が採用
インフレ抑制には成功しているが
デフレ脱却はない。
アンカー効果
「インフレに中央銀行が強く関わる」と国民が考え
インフレ期待が望ましい水準で固定される効果
名目金利のゼロ制約
利下げの余地がゼロまで行くともうない。
インフレ目標賛成派の主張
・国債を日銀が引き受ける
・株や土地を日銀が購入する
     ↓
国民が日銀発行の紙幣を信用しなくなる。
家計金融資産の海外流出、さらに経済悪化。
現在日銀はインフレ目標には消極的。
代替案
「中長期的な物価安定の理解」
前年度比1%程度が望ましい。
海外は2%。日本の経済構造、労働慣行、
国民の物価の認識等が反映。

3-6 近年の金融政策

景気悪化対策、デフレの歯止めとして
99年2月~00年8月(1年半)
「ゼロ金利政策」

政府は解除が早すぎるとしたが
多数決で解除決定。
01年ITバブル崩壊
01年3月に政府「戦後初めてのデフレ」
本格的な不況
解除のタイミング悪かった。
日銀は「解除の失敗」を認めず
またゼロ金利にもどることなく
今度は「量的緩和」政策を導入。
「CPIの上昇率が0%以上になるまで」
01年-06年
各銀行の日銀口座残高
4兆円→35兆円に
企業向け貸し出しに回る?
08年 世界経済悪化。
新型オペ
2日以上の資金取引にも10兆円導入→金利低下。
10年 新型オペ拡充
10兆円足して合計30兆円
10年10月「包括緩和」導入
・金利0%~0.1%
・物価が安定するまで続ける
・資金買入等の基金
国債、CP、社債、EFT、REITなど
多様な金融資産の買い入れを決定。
基金を創設。

3-5 政策委員会

金融政策を決定している
日銀の最高意思決定機関
「政策委員会・金融政策決定会合」
日銀・総裁1人、副総裁2人、審議委員6人の9人
多数決で決議される。
金融政策決定会合は月1回。
2013年4月まで白川総裁。
政府の「財政政策」とも関連するため
内閣府と財務省からも参加。
しかし投票権はない。
→日銀の独立性を保つため。
決定事項は市場にインパクトを与えるため
ブラックアウトルール(守秘義務)がある。
会合2日前から発表まで外部に金融政策について
話してはいけない。

3-4 公開市場操作(オペ)

日銀 公開市場操作(オペ)
①資金供給オペ
日銀がインターバンク市場に資金を供給。
国債、地方債を担保に、銀行に資金を貸し出したり
国債を買い取ったりする。
民間銀行の日銀当座預金口座に資金を振り込む。
通常、インターバンク市場から資金の不足分を
補っているが、日銀からの資金があれば
借りる必要がなくなり、市場の金利は下がる。
②資金吸収オペ
日銀がインターバンク市場から資金吸収する。
日銀が手形を振り出したり(手形を売ったり)
国債を売ったりする。
銀行は日銀の口座に資金を振り込まなくては
いけない。資金が少なくなり市場から
借りる。金利は上がる。
★日銀金融政策「預金準備率操作」
銀行は顧客から預かった預金の一定の率を
日銀口座に預ける義務がある。
この「預金準備率」をコントロールして
資金を操作する。
91年を最後に実施されていない。
     ↓
・企業の資金需要が減り、銀行は資金を
余らせているため。
・日銀は金融市場に資金供給していて
兆円が銀行の日銀口座に預けられたまま。
----------------------------------------
(ひとこと)
銀行の日銀口座にはお金が余っているなんて。
国民は生活に困っているのに
いい使い道がないのだろうか。

3-3 景気にブレーキとアクセル

日銀「公開市場操作(オペ)」
★インフレ時 → 「金融引き締め」を行なう。
無担保コール翌日物金利、誘導水準引き上げ↑
→資金を吸収する。(減らす)
→金利上がる↑
物価上昇の抑制
翌日物だけでなく、1週間、1か月、1年
にも影響し、世の中の金利全体が上昇↑
企業、個人があまりお金を使わなくなり
景気に「ブレーキ」
★デフレ時 → 「金融緩和」を行なう。
無担保コール翌日物、引き下げ↓
→資金を供給する。(増やす。)
→金利下がる↓
物価下落の抑制
企業、個人がお金を使うようになり
景気に「アクセル」
----------------------------------------—-
(ひとこと)
今はデフレだけど、もう金利下げるとこまで
下げてるから、これ以上下げようがない。
政策は行き詰まってるのかな。。

3-2 無担保コール翌日物金利

日銀の「政策金利」とは、
=「短期金融市場」における資金取引の一つ、
無担保コール翌日物(よくじつもの)金利(オーバーナイト物)」のこと。
短期金融市場」・・1年以下の資金取引(お金の貸し借り)
マネーマーケットとも呼ばれる。
短期金融市場は、①インターバンク市場②オープン市場の
二つに分かれる。
インターバンク市場
銀行、証券会社など金融機関だけが取引に参加。
コール市場」が中心。(取引高15兆円)
「呼べばすぐにお金が戻るほど短期間」という意味。
コール市場の中心的な取引が「無担保コール翌日物」。
→無担保でお金を借りて、翌日には返す。
銀行の営業活動の中で資金の過不足をここで調整する。
お金が余っている銀行は、足りない銀行に
1日だけお金を貸して、金利を稼ぐ。
オープン市場
金融機関に加え、商社、メーカーなどの一般企業、
地方自治体も参加できる。
様々な資金ニーズに合わせて、金融商品が取引される。
・TDB(国庫短期証券)
・CD(譲渡性預金証書)
・CP(コマーシャルペーパー)
日銀は、①インターバンク市場に対して
公開市場操作(オペ)」を行なう。
         ↓
「無担保コール翌日物金利」を、日銀が目標とする
金利水準に誘導する。
金利は、銀行同士の自由取引なので、日銀が無理やり金利を
決めつけることはできない。
そこで、巨額のお金を供給したり、吸収して操作する。
-----------------------------------—-
(ひとこと)
今日のところはおもしろかった。
今日出てきた言葉は、言葉だけはよく聞くけど、
内容が初めてわかった。
日銀がお金を入れたり出したりして
金利を操作してたのか。

3-1 金融政策とは

景気は良くなったり、悪くなったり循環する。
良くなりすぎるとインフレ、悪くなりすぎるデフレ。
経済に大きなダメージ、回復に時間がかかる。
→景気変動の波を「政策」によってコントロール
「政府」と「日本銀行」が行なう2つの「経済政策」
金融政策
日銀が金融面から経済を安定させる。
金利上げ下げ、お金の量の調整。
財政政策
政府が財政面から経済を安定させる。
歳出・・予算を使う。公共事業の拡大、縮小。
歳入・・財源を集める。増税、減税。
★日銀金融政策の目的
1.「物価」の安定 ←最優先課題
cf 世界の中央銀行の多くは「1.物価の安定」を重要な役割とする。
FRBは「物価の安定」と「雇用の最大化」
・日銀「物価の番人」と呼ばれる。
・「通貨の価値」はインフレになると下がる。
デフレになると上がる。
物価安定=自国通貨の価値を安定させることにもなる。
インフレ目標(インフレターゲティング)が設定。
物価上昇率
★日銀金融政策の方法
「政策金利」の上げ下げ。
→世の中のすべての金利の基準になる金利のこと
利上げ、利下げ。
2.「金融システム」の安定
金融システム・・銀行などの金融機関を中心とした
お金の流れ全体を指す
「お金は経済の血液」
お金(血)の流れが止まると、経済活動全体が悪化し
マヒしてしまうことも。。
金融市場が不安定になると、金融機関がお金の貸し借りを
する「金融市場」にお金を供給。不安心理をやわらげる。
---------------------------------------------–
(ひとこと)
日銀の最大の役割が「物価の安定」を
目標にしてたのは知らなかった。

日経一面 2011年11月

111101 上場企業2ケタ減益。 円高・タイ洪水打撃。今期見通し。TDK1.1万人減。ホンダ日米減産。
111102 日産、中国で高級車生産。 戦略立案、香港に集約。新興国の富裕層照準。
111103 3次補正月内成立。 民自公復興特会新設で合意。復興増税、調整大詰め。
111107 東証・大証来秋合併。 4子会社に再編。東証、来春大証株を過半取得。
111108 所得増税25年に延長。 民自公、復興債決着へ。
111109 含み損最大1000億円超。 オリンパス損失隠し。2000年に「飛ばし」か。
111110 イタリア国債「危険水域」。 利回り7.4%。資金調達に不安。首相辞意でも動揺続く。
111111 預金水増し損失隠す。 オリンパス1300億円資産計上。第三者委調査。時価会計導入機に。
111112 TPP交渉参加表明。 首相「関係国と協議」農業・医療の支援強調。国内調整は難航必至。
111113 米中アジア経済圏で火花。 APECで議論へ。中国「TPP透明性必要」米国「門戸は開いている」
111115 TPP世界経済の4割。 日本・カナダ・メキシコ交渉参加。自由貿易の中核。 
111116 日産・ダイムラー合弁生産。 メキシコで年20万台。投資負担軽減し新工場。
111117 欧州危機拡大を警戒。 独仏国債利回り差最大に。米「迅速に行動を」
111118 太陽電池海外で生産。 パナソニックマレーシア新工場。500億円成長分野へ。
111121 海外出店数、国内を逆転。 アジア中間層開拓。小売り・外食加速。コンビニ5社純増1.5倍。
111122 消費税2段階で10%。 14年春まず8%軸に。政府・民主方針。「軽減税率」は当面見送り。
111123 伊藤忠、米天然ガス社買収。 5400億円、対日輸出めざす。米ファンドなどと。
111124 企業、サーバー集約し防御。 日立、4500台を3か所に。相次ぐサイバー攻撃、災害。JT・東芝も。
111125 リスク回避株離れ鮮明。 日経平均8200円割れ。欧州危機深刻に。中銀預金に滞留。
111126 トヨタ、BMWと提携交渉。 ディーゼルエンジン調達。環境技術広範に。ハイブリッドなど。
111127 大型後発薬相次ぎ登場。 認知症や生活習慣病治療。医療費抑制に追い風。
111128 市長橋下氏 知事松井氏。 維新勝利、都構想に支持。大阪ダブル選。
111129 東電、リストラ加速。 KDDI株1800億円で売却。政府、経営監視強める。熱供給子会社も。
111130 就活変わる。 説明会集中。ネット採用進化。大学3年2カ月遅れあす解禁。