2-8~9 戦後のドル円レート

・固定相場制
途上国。相場が急落して経済が不安定になるのを防ぐ。
経済発展のサポート。
変動幅を超えたら中央銀行が市場介入で調整
・変動相場制
市場の需給バランスで自由に決まる。
日本
1949年~71年(22年間) 1ドル=360円 固定相場
1952年IMF加盟。国際的にも認められる。
米と経済力の差があった。
高度成長で69年から貿易黒字に。

60年代ベトナム戦争の失敗
70年代オイルショック
財政、貿易赤字の拡大
少しずつ傾き始める
1971年 ニクソン・ショック
貿易赤字を減らすための
「ドルと金の交換停止」とする経済政策。
「ブレトンウッズ体制」の崩壊
→金1オンス=35ドル
各国の通貨とドルの為替レートを固定化するシステム。
求められれば必ずドルを金と交換することを約束していたため
固定相場が成り立っていた。
ドルの価値が下がり始める。
1971年ワシントンスミソニアン博物館
スミソニアン合意
1ドル308円の固定
1973年 日本を含む先進国は変動相場制に。
ジャマイカ・キングストン
「キングストン体制」
固定→変動
貿易の不均衡さを是正する。
円が安いままだと、日本ばっかり儲かる。
1985年
プラザ合意
米「純債務国」になっていた。
→政府や企業が外国に貸したお金より、外国から借りたお金が多い。
ドルの価値を下げる方向へ
1ドル140円台へと円高が進む。
90年代更にドル下落。