2-1 外国為替市場

「外国為替市場」
証券会社や保険会社も参加しているが、銀行間の取引が圧倒的に多いので
「インターバンク市場(銀行間取引市場)」とも言われる。
リアルな取引所があるわけではなく、バーチャル市場でネットワークそのものを指す。
株は注文を取引所一つに集めて注文をつなぐ。
為替は相対取り引きなので、お互いに納得すれば成立する。
原則100万ドル単位(約7500万円)
資金移動は翌々日(スポット)
DD(ダイレクトディーリング)
銀行同士が直接専用端末や電話で取引。
②ブローカー取引
仲介を取り持ってくれる。手数料発生。近年減少。