1-5 市場メカニズム

市場メカニズム
生産量と消費量が自動調整される。
・供給者(りんご農家)
・需要者(私たち)
自分の利益(満足度)と価格を照らし合わせて
買うかどうかを判断。
価格が安ければ、買う人は増える。
買う側の行動を表したもの→「需要曲線
売る側の行動を表したもの→「供給曲線」
この二つが交わるところ→均衡点(市場価格
市場価格が決まれば、量も決まる。
需要と供給の関係=需給バランス
完全市場競争
→買う側も、売る側も自分の利益が最大になるように
行動する市場
18世紀。英。経済学者アダムスミス。
市場の自動調整→「神の見えざる手」
世の中のニーズに合ったものが
自然供給され経済が安定すると
考えられている。
自由経済の悪い点。(「市場の失敗」)
1.景気が安定しないとインフレ、デフレになる
2.企業が利益を追求しすぎて公害問題を引き起こす
3.失業、所得格差を生む
警察や消防などの公共サービスは、利益追求の
市場メカニズムでは機能しないので政府が担当。