3-3 金利の方向感イールドカーブ

長短の期間別利回りを結ぶと金利の方向感が分かる
イールドカーブの動きをもとに将来の金利の変動を読み取る。
将来の金利の動向を見るには
イールドカーブ(利回り曲線)
異なる期間の金利を短い方から長い方へ結ぶ。
「金融市場参加者の金利観」を表わす
順イールド
右肩上がり。金利が上がると予想する人が多い。
逆イールド
右肩下がり。金利が下がると予想する人が多い。
フラットイールド
水平。金利は横ばいと予想する人が多い。
通常は順イールド。
90年バブル崩壊。91年、失われた10年(不況)の始まり
→逆イールドに。
ギリシャでも逆イールド。
2年物38%、10年物13%
ギリシャ国債の買い手が市場でほとんど見当たらなくなった。