2-9 戦後の日本の金利の歴史

戦後の日本の金利の歴史を大づかみする
規制金利から自由金利に変わった経緯を知っておこう。
80年代まで、日本の金利は日銀が決める「規制金利」だった。
銀行の預金の金利や貸出金利を日銀が決めていた。
「公定歩合」
一般の銀行が日銀からお金を借りるときの金利
日銀が公定歩合を上げる↑ 銀行金利は上昇↑
どの銀行も預金・貸出金利は同じだった。
戦後、経済復興のためにお金を日本国中に行き渡らせる
金融システムをつくった。規制金利で銀行間競争をなくし
銀行を倒産させないシステム(護送船団方式)
銀行は安全という信頼が生まれ、安心して預金できるようになった。
→企業にも貸せる。高度経済成長を支えた。
73年 オイルショック。不況。
75年 税収落ち込み、国債大量発行。
銀行の国債保有高増える。
79年 国債の転売を認める。
転売価格と利回りは需給バランスで決まるようになる。
以後、金利自由化が進み
94年 全て完全自由化に。
自由化の結果、金利は全て金融市場の需給バランスで決まるようになる。
現在「公定歩合」→「基準貸付利率」0.3%
コール市場の上限の役目になる。
コール市場が0.3%を超えたら、日銀で借りた方が得になるため。