2-6~7 長期金融市場は債券市場

短期金利の決まり方
短期金利は日銀の金融政策に強い影響を受ける。
「公開市場操作」
無担保コール翌日物=日銀・政策金利
日銀が直接金利を決めることはできないので、
巨額の資金を出し入れして、金利を操作する。
1年超の取引が行なわれる長期金融市場
長期金利を見るうえで最も重要なのは債券市場。
「長期金融市場」=「債券市場」と考えていい
債券・・償還までの期間が長く、多くの人が取引に参加している。
そのため価格や利回りの信頼性が高い。
証券会社が発行体(債券の発行者)と投資家の間に入って仲介。
★「債券市場」は二つに分かれる
①発行市場
国、地方自治体、企業などの発行体が新しく債券を発行してお金を調達する市場。
新しく発行された債券を「新発債(しんぱつさい)」
②流通市場
すでに発行された債券が売買される市場。「既発債(きはつさい)」
★債券は発行体別に分けると7種類
①国債・地方債
国債は国。地方債は都道府県、政令指定都市(政令で指定される人口50万人以上の都市)
②政府保証債
政府が元利(元金+利息)払いを保障している債券。
発行体は日本高速道路保有・債務返済機構・日本政策金融公庫・預金保険機構などの
独立行政法人や政府関係機関など
③財投機関債
政府の保証がない。
日本政策金融公庫、国際協力機構、住宅金融支援機構
独立行政法人や政府関係機関など
④サムライ債
外国の発行体(外国企業など)が日本で円建てで発行する債券。
⑤社債
企業が発行。民間企業は「一般事業債」、銀行は「銀行社債」
⑥金融債
特定の金融機関だけが発行できる債券。
⑦資産担保証券 ( ABS Asset-Backed Securities )
発行した金融機関が保有するローンを債券の価値を裏付ける
(裏付け資産)にする。
RMBSResidential Mortgage-Backed Securities )  : 住宅ローンが担保
CMBSCommercial Mortgage-Backed Securities ) : 商業用不動産が担保
★国債が債券取引の主役。
日本国際・・JGB(Japan Government Bond)
①超長期国債
15年(変動利付債(りつきさい))20年(利付債)、30年(利付債)、40年(利付債)
②長期国債
10年(利付債、物価連動債、個人向け国債・変動金利型)
③中期国債
2年(利付債)、3年(個人向け国債・固定金利型)、5年(利付債、個人向け国債・固定金利型)
④国庫短期証券(TDB)
2ケ月、3ヶ月、6ヶ月、1年(各割引債)
償還(満期)まで
1年以下 短期ゾーン
2~5年 中期ゾーン
6~10年 長期ゾーン
11年~ 超長期ゾーン
債券の利子=クーポン
利付債・・利子が付く
変動利付債・・半年ごとに利率見直し
割引債(ゼロクーポン債)・・利子はつかず、販売価格が額面(満期にもらえる価格)より
安い価格
物価連動債・・物価上昇率に応じて元本が増減。表面利率(債券に記載される利率)は固定。
「10年物国債」が全体の指標・重要
長期金利は日本経済全体に影響を及ぼす重要な金利。
長期金利の動向は以下に影響
→・国債、社債の利率、発行価格
 ・銀行の長期貸出金利の基準(長期プライムレート)
 ・住宅ローン金利
ベンチマーク(指標銘柄)
長期金利全体の指標となる国債
「新発10年物国債」
一番新しく発行された10年物
「長期金利」はこの「新発10年物国債の流通利回り」を指す。
流通市場で購入し、1年保有したときの1年利回り。
2004年~2010年 1.2%~1.9%
債券の価格と流通利回りは正反対の関係にある。
価格上昇↑ 流通利回り低下↓
受取る利子は決まっているため。