7-9 相場のプロと一般の人

プロより一般の人が正しいこともある
90年 「ワイド騒ぎ」
当時の日銀総裁 三重野康
バブル景気を押さえるバブルつぶしのため政策金利を上げ続けた。
利付(りつき)金融債=銀行が発行する債券
「ワイド」利回り9.6%
プロはまだ金利が上がると予想していた。
一般の人はこれから下がると判断して買う人が殺到。
実際に下がっていった。
07年 個人向け国債(固定金利5年物)利率上昇
1.5%になった際に売れ行き上昇。
プロはまだ上がると予想していたが
実際は下がった。
08年12月
円高ピークと予想して両替に列ができた。
プロはさらに円高と予想していたが、円安に。
次の円高は約1年後までなかった。
プロはなぜ外れるか?
情報過多。器用貧乏になりがち。
特定の情報にこだわって視野が狭くなる場合もある。
一般の人の距離を置いて冷静に見られる
日常生活の感覚が大切になることもある。