決算書の独特の数字の読み方

決算書の数字は、20千円、54百万円、など独特で読みにくいですよね。

これは英語の読み方に合わせているからなのです。

 

英語での数字の読み方は、3つで次の位に移るのに対して、日本は4つで次の位に移ります。

 

3つずつ

・英語は1、10、100で、次の位の「1thousand(サウザンド)」に移る。

そのあとまた、1、10、100で、次の位の「1million(ミリオン)」に移る

 

4つずつ

・日本語は、1、10、100、1000で、次の位の「1万」に移る。

そのあと1万、10万、100万、1000万で、次の位の「1億」に移る。

 

 

たとえば「20千円」の場合、「千円」は

⇒ ゼロ3つ「,000」に置き換えられます。

 

「20千円」は

⇒ 「20,000」となり、2万円のことになります。

 

 

54百万円の場合、「百万円」は

⇒ ゼロ6つ「,000,000」に置き換えられます。

 

「54百万円」は

⇒ 「54,000,000」となり、5,400万円のことになります。

 

 

 

 

<世界>

3つずつで次の位に移る

 

千 1,000(サウザンド)

百万 1,000,000(ミリオン)

十億 1,000,000,000(ビリオン)

 

<日本>

4つずつで次の位に移る

1円、10円、100円、1000円

1万円、10万円、100万円、1000万円

1億円、10億円、100億円、1000億円

 

 

 

また「千円」をキロのKと呼ぶ場合もあります。

ですから、20千円を、20Kと呼ぶ場合もあります。

20Kは2万円のことです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です