7-1 プロの経済動向の捉え方

エコノミスト
「経済予測」予測シナリオ(料理)を作る。
景気動向」と「物価動向」を中心。
「経済指標」(材料)
・経済全体の中でどんな意味を持つか
・流れが変わるシグナルがあるか。
市場は「条件反射的な動き」をすることがある。
→根拠がなくムード、期待、「市場が考える予測シナリオ」
長く続かない。
・根拠(エビデンス)を伴っているか
・見方の行きすぎ(オーバーシュート)ではないか
自分のシナリオと外れている場合は
「経済状況の変化があり、シナリオに修正が必要なのか」
それとも
「ノイズ(一時的に市場が騒いでいる状態)なのか」を
根気良く見極める。
機械受注(企業の設備投資)
統計には「速報値」「改定値」「確定値」がある場合がある。
「アネクドート(小話)」
経済数字以外の材料。タクシー、コンビニでの聞き取りなど。
-------------------------------
(ひとこと)
市場に流されず、自分で考えられるように
なりたい。今はそのための毎日。