5-5 97年アジア通貨危機

通貨危機
経済成長の鈍化、政治不安をきっかけに海外から投資された
資金の引き揚げや、海外企業の撤退が一挙に起こることで始まる。
 ↓
その国の通貨を手放す動きに
その動きをファンドが察知してさらに売りを仕掛ける。
政府もコントロール不可のところまで下がる。
97年 アジア通貨危機
タイ・バーツ
対ドルは固定相場制、それ以外の通貨は対ドルを
基準に算出するクロスレートによる変動相場制。
タイ好景気。日本企業の直接投資して日本への輸出も拡大。
円高、バーツ安、円高・ドル安だった。
95年に流れが変わる。
95年1ドル79円 → 97年127円まで円安ドル高(バーツ高)が進む。
日本への輸出競争力が弱まりGDPも急激にマイナス成長へ。
タイ経済は悪いのに、バーツ高という矛盾が生じた。
経済が悪いので資金が引き揚げられた。株、不動産、急落。
バーツ高にファンドが目を付けた。売りをしかける。
政府は必死に買い支えたが、無理になり変動相場に移行。
さらに暴落。ファンドは買い戻して利益を得た。
インドネシア、韓国通貨にも飛び火、暴落。経済悪化。
各国を救ったのはIMF。
3カ国に計3兆円の融資。
08年アイスランド、ウクライナ、ハンガリーにも巨額融資。
----------------------------------------–
(今日のひとこと)
ファンドがよく叩かれるのは、他人や一国を不幸にした上での
利益享受だからかな・・。
でも、一応、資本主義の自由競争のルールの下でやっていて
その競争に勝っただけだとも思う。。
(日本人受けしないけど。)
スポーツの世界では勝者は称賛されるのに
ファンドは叩かれるんだなあ。
プレーヤーはゲームしていいよ、って言われたから
ゲームに参加したに過ぎない気もする。
ゲームのプレーヤーが悪いのではなくて
そのゲーム自体を作ったことや、ゲームのシステムに
問題があるんじゃないのか。
あと、今後も世界のあちこちで金融危機が起こっていきそうだけど
IMFの資金が枯渇することはないのだろうか。。
米、欧がぐらついて、日本も他人ごとではない気がする。