決算書数字の読み方。10百万円は1000万円、100百万円は1億円。数字+百万円の読み方

 

 

決算書や会計の数字は、500千円や、340百万円、など(数字)+(漢字の単位)で書いてあることが多いです。

最初は少し読みにくいですよね。

 

単位は主に3種類で「千円」「百万円」「十億円」が使われますが、企業会計の場合は、特に「百万円」がよく使われています。

 

ですからビジネスや株投資などで会計数字を扱う場合は、まず「数字」+「百万円」の読み方を覚えてしまうといいかもしれません。

 

・1桁 + 百万円 ⇒ 百万

例.5百万円(500万円)

 

・2桁 + 百万円 ⇒ 千万

例.25百万円(2,500万円)

 

・3桁 + 百万円 ⇒ 億

例.725百万円 (7億2,500万円)

となります。

-----------------

1桁 + 百万円

そのまま百万円をつければいいだけです。

 

1百万円⇒100万円

8百万円⇒800万円

 

-----------------

2桁   + 百万円

〇千万円の位になります。

〇△百万円は、 〇千△百万円になります。

 

15百万円⇒1,500万円

20百万円⇒2,000万円

78百万円⇒7,800万円

-----------------

3桁 + 百万円 

億になります。

〇△✕(百万円)は、〇億△千万✕百万円です。

 

300百万円⇒3億円

430百万円⇒4億3,000万円

882百万円⇒8億8,200万円

 

-----------------

まとめると

1桁 + 百万円 ⇒ 百万円

2桁 + 百万円 ⇒ 千万円

3桁 + 百万円 ⇒ 億円

となります。

-----------------

 

数字 +(百万円)を見たら、スッと読めるように練習してみるのも一つですね。

 

 

 

<関連記事>

決算書数字の読み方(千円)

決算書数字の読み方(百万円)

決算書数字の読み方(十億円)