5 まとめ

国のマル
→①経済力 ②軍事力 ③政治力
企業のマル
→①資金調達 ②設備投資 ③売上、納税 ④配当 
個人のマル
→①労働者 ②消費者 ③投資家 ④納税者
・ 歴史ドラマや映画などのように、日経では「現在進行形」の「リアル欲望ドラマ」を見ることができる。
・ 音読すると経済伝達力が身に付く
・ 昔は企業よりの記事が多かったが、時代に合わせて企業から個人へとシフトしつつある
(引用:日経新聞読みこなし隊/渋井真帆

4 個人のマル

※「個人のマル」の記事を読むときは、4つの側面
①労働者、②消費者、③投資家、④納税者、のどの側面かに注目。
・国民の欲望
「安全に豊かにくらしたい」
食の安全
企業の欲望は「儲け続けたい」だが
個人の欲望「安全にくらしたい」に反してまで
儲けることはできない。
1億2千万人の個人がいて、それぞれの企業、国との
関わり方は1億2千万通り。
個人の経済的な面
①労働者(企)
②消費者(企)
③投資家(企)
④納税者(国)
例「過去最大の住宅ローン減税の実施決定」
労働者:住宅関係なら関係あり。取引先ならプラス材料。
消費者:住宅の購入を考えているなら背中を押してくれる。
投資家:株主であればプラス材料。
納税者:住宅ローンを利用してる人→うれしい
利用していない人→また国の赤字が増えるだけでは、と心配
例2「らでぃっしゅぼーや」食材宅配業者。有機農法など食の安全に気を配っている。
①労働者:営業先の候補にする
②消費者:利用してみる
③投資家:株購入を検討
(引用:日経新聞読みこなし隊/渋井真帆

3 企業のマル

※「企業のマル」の記事を読むときは4つの側面
①資金調達、②設備投資、③売上、納税 ④配当、
どのプロセスかに注目。
・企業の欲望
「儲け続けること」
・重要人物
主役:トヨタ(車)
準主役:ソニー、パナソニック(電気)
GM(ゼネラルモーターズ)、フォード(米車)
マイクロソフト、サムスン電子、IBM(ITハイテク)
・日本の基幹産業(波及効果の高い産業)
自動車、電気、通信
(+金融もチェック
→「景気の鏡」と言われ景気を映しだす)
自動車産業は労働人口の1割
輸出の25%
「株式時価総額」=「発行済み株式数」×「株式時価」
この額が大きいと、影響も大きい。
・企業のプロセス
①お金を集める(資金調達)
②ヒトを雇い、工場を建てたり商品を作る。(投資・運用)
③営業、広告で売上を上げ、利益を出す。税金を払う。
④株主に配当を払う。残りを貯めて①に戻る。
①資金調達
・株式発行(直接)→返さなくていい(自己資本)
・社債発行(直接)、銀行から借入(間接)→返す必要がある(負債)
「上場」・・ある企業の株式が証券取引所において、不特定多数の投資家に
売買される状態になること
直接金融・・市場からお金を借りる
間接金融・・銀行からお金を借りる
大企業は普段は社債発行の方が、銀行から借りるより金利が安いから
そうしているが、金融不安になると機関投資家は貸してくれなくなるので
銀行から借りることにシフトする。
→銀行も貸し出す金額が決まっているのでしわ寄せが
中小へ
銀行に預金している人も広い意味で「投資家」と言える。
②設備投資
サービスを提供する準備をする。
・工場建設など(設備投資)
・雇用(人的投資)
③売上
宣伝・営業して、実際にサービスを提供
私たち個人が接するのは、ほぼここだけ。
④利益分配
株主に配当を出す
「配当性向(はいとうせいこう)」
「当期純利益」の何%を配当に回すか。
日本は低かったが、今は30%ほど。欧米の40%に近付いている。
配当金には所得税と住民税がかかるので
減配になると、国の税収も減る。
①~④を仕切るリーダー決め
株主が取締役を決める。
選ばれた取締役がメンバーの中から代表(社長)を決める。
最近は株主の目も厳しくなって
経営手腕を問われる。
(引用:日経新聞読みこなし隊/渋井真帆

2 国のマル

※「国のマル」の記事を読むときは3つの側面
①経済力 ②軍事力 ③政治力
どの側面かに注目。
「国のマル」重要人物
日本。アメリカ。中国。
(ベテランのEU、新人のBRICS)
国の欲望とは
「国民全体を安全に豊かにすること」
国力とは
「経済力」「軍事力」「政治力」の3つ
「経済力」・・GDP規模、外貨の獲得力、貿易黒字、通貨の価値
「軍事力」・・軍備(核兵器の有無。軍事費。戦闘機・軍艦の保有状況、軍人の数。)
       地理的優位性
「政治力」・・国連の常任理事国、首脳会議(サミット)への参加状況
       同盟関係、歴史上の経緯、経済、軍事をたてにした交渉力
・今のところアメリカが3つにおいてNo1だが、中国が台頭。
・国はこの3つを高めようと競い合っている
★「経済力」・・相互依存
日と中が米にお金を貸して(米国債を買って)、米はそのお金で
日と中からモノを買っている。
08年に中が日を抜いてトップに。
★「軍事力」・・米の主要産業
米:官民あげて軍事国家。日本が公共工事で土木国家だったのと似ている。
不景気になると道路を作っていた。
中:核兵器保有。軍事費は米・英についで3位。
他国に介入はしないが、チベット、台湾の国内問題に口出しされるのを嫌う。
★「政治力」・・目に見えない力
明確に数字で表現できない。
国連常任理事国(5)・・米・・露・英・仏 (国際紛争の解決。国際平和の維持)
サミットG8・・・米・英・伊・加・独・仏・露 (経済・政治問題の協議)
常任理事国入りは、日本、外務省の長年の悲願。
中国は認めたくない。
しかし中国はG8入りは特に姿勢を示していない。
日米中のこのキーワード3つに注目。
①「GDP↑」
②「失業率↓」 
③「経常(貿易)収支↑」
(引用:日経新聞読みこなし隊/渋井真帆

1 日経は「世界経済・欲望ドラマ新聞」

日経の読み方
・「ヨコ読みする」→各紙面を関連付けて読む。
「3つのマル」国、企業、個人を意識。
・ 日経は「世界経済 ・欲望ドラマ新聞」
  経済は欲望を数値化したもの
・ 全部は読めないと割り切る。
・ 主役級の「重要人物」と自分の興味のある「登場人物」をチェック
(引用:日経新聞読みこなし隊/渋井真帆